スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.11.04 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブラッシングで注意すること!キューティクルの損傷には気をつけたい!

JUGEMテーマ:ヘアケア


ブラッシングでは、髪のキューティクルを傷める恐れもあるので注意したいところです。特に毛先から頭皮の方に向かったブラッシングは、キューティクルを損傷させる原因になります。キューティクルは、毛先に向かって何重にも重なっているそうですから、逆方向のブラッシングは良くないわけです。

さらにブラッシングは、乾燥している状態よりも毛が少し濡れている状態ですると良いみたいですね!でも濡れすぎも問題です。濡れ過ぎた状態でブラッシングするとキューティクルが剥がれてしまうそうです・・・さらにブラシ選びも重要です。ナイロン製や金属製は止めて、豚や猪の毛といった摩擦が生じにくい素材が良いです!また、ブラッシング中に髪が絡まった場合、絡った毛髪をほどいてから再度ブラッシングすると良いそうですね!さらに刺激の与えすぎも厳禁みたいです!たかがブラッシングですが、結構注意することが多いわけです!

秋のヘアケアは保湿重視!頭皮の乾燥に注意しよう!

JUGEMテーマ:育毛剤


乾燥する秋は、頭皮の乾燥にも気をつけたいところ!馬油のように保湿成分配合の育毛シャンプーを使うのは、頭皮の乾燥対策にも効果があると思います。最近は、頭皮の潤いに着目しているのか、保湿 育毛シャンプーが多くなった気がします。髪トラブルの要因の1つには、頭皮の乾燥があるので気をつけたいところです。

育毛シャンプーにあわせて育毛剤も気を使いたいところ!特に育毛剤は頭皮に負担の少ない無添加育毛剤などを選びたいですね!乾燥肌 育毛剤敏感肌 育毛剤などは、頭皮に低刺激な成分を処方していることもあるので、かなり注目されている感じです。乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを抱えている場合、育毛剤選びにはかなり気を使います!無添加育毛剤にしても、旧表示指定成分が無添加なだけでは、物足りない感じがします。肌に負担となりそうなシリコン・パラベン・石油系界面活性剤など、何を配合していないかを明記してある方が安心して使える気がします。頭皮ケアなら、いかに刺激となる成分を配合していないかが重要です!いくら効果のある有効成分を配合しても、刺激となる成分が配合されていては、効果も半減みたいですから、そこは気をつけたいところです!

ウーマシャンプーの他にも馬油シャンプーはあるの?

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


探してみるとウーマシャンプーの他にも馬油シャンプーがあります。馬油は、スキンケアにも使われる成分なので、意外と注目されているのかもしれませんね。例えば、リバテープ製薬から馬油シャンプーが出ています。リマーユ 馬油シャンプー 口コミは、意外と評価が高いです。製薬会社の品質の馬油シャンプーですから、ちょっと使ってみたいと思う方も多いかもしれませんね。リマーユに配合している馬油は、熊本名産の馬油みたいです。熊本と馬は、接な関係があるらしいです。なおリマーユ ヘアシャンプー 効果(馬油の効果)は、保湿や血行促進などの効果があるそうです。馬油は、保湿が一番のポイントですからね!肌との相性が良いのも特徴の1つといますね。

なおウーマシャンプーに配合している馬油は、『こうね』と呼ばれる馬油です。この『こうね馬油』は、馬油のブランドかと思ったら、そもそも馬のたてがみの下層脂肪層を『こうね』と呼ぶそうです。どの馬にも『こうね』がある感じですね!この『こうね』は、馬刺しの部分になるそうです。1頭からわずかしか取れない希少性の高い馬油になるそうです。この『こうね』ですが、その多くが食用らしいです。

この馬油は、『油』なので飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸で構成されているそうです。馬油は、動物性の油脂ですが牛や豚と異なり、良質の油といわれる不飽和脂肪酸が多く含まれます。不飽和脂肪酸は、植物や青魚に含まている必須脂肪酸のことだそうです。薄毛・抜け毛の予防には、この不飽和脂肪酸が良いといわれるくらいなので、馬油は育毛にとってちょうどいい成分みたいです!

馬油といえば不飽和脂肪酸!その効果や特徴とは!

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策





馬油といえば、注目されているのが不飽和脂肪酸!不飽和脂肪酸は、人間に必要不可欠な脂肪(必須脂肪酸)で、これが不足すると皮膚障害などを起こす恐れがあるそうです。この不飽和脂肪酸を豊富に含有するのが馬油なんですね!スキンケアにも使われる馬油は、天然の保湿成分とも呼ばれ、皮膚を健やかにする効果が期待できるとのこと。育毛シャンプーに馬油を配合すれば、頭皮環境を正常化する効果が期待できるわけです。本来、毎日の食事で摂取できればいいのですが、食材からは効率よく摂取できないそうです。そこで不飽和脂肪酸を効率よく摂取できるのが馬油というわけです。この馬油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスが人間の皮脂と同じらしく、皮膚に負担をかけないで使えるのがポイント!しかも高い浸透力があるので、スキンケアなどにも使われるわけです。また不飽和脂肪酸には、皮膚の炎症を鎮める効果、抗酸化や殺菌などの効果も期待できるそうです。最近では、馬油を配合したヘアケアも増え、リバテープのリマーユヘアシャンプーなども人気があったりします。使用している馬油の種類こそ違うと思いますが、ウーマシャンプーと似たような効果が期待できると思います。また不飽和脂肪酸の摂取でいえば、モロッコ原産の天然成分アルガンオイルを配合したアルガンK2シャンプー 口コミで人気ですね!このアルガンオイルも不飽和脂肪酸を多く含み、肌トラブルの改善など、民間療法で使われてきた天然成分です。最近では、こういった不飽和脂肪酸や馬油の効果に注目も集まり、ウーマシャンプー 口コミの良さもつながっています。頭皮の健康を取り戻すのに馬油はオススメな成分といえそうです!


馬油が頭皮ケアに良いらしい!

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策


ウーマシャンプー 効果を考えると、やはり馬油を配合していることといえますね。馬油は、天然の保湿成分ともいわれ、高い浸透力があるそうです。さらに人間の皮脂に近い性質があるらしく、肌との相性がいいのが特徴といえます。だからスキンケアにも使われていたりするわけです。ただ馬油には、独特なニオイがありますので、これを解決しないと製品化は難しかったりします。例えば、そんなウーマシャンプー 口コミをみると、ニオイに関しては問題ないようですね。馬油のニオイの強さを知っている方はビックリするようです。育毛シャンプーに馬油を配合して期待できることは、まず頭皮を柔らかくすることかもしれません。特に頭皮が柔らかいことは、意外と育毛にも良い影響を与えますからね!ハげの頭皮は、カサカサで、血行も悪いようです。頭皮が柔らかいことは血行促進にもつながるようですね。さらにウーマシャンプーは、生薬も配合しています。髪を育てる働きのある生薬なので、馬油で頭皮を柔らかくすれば良い影響を与えることは容易に想像できます。最近は、育毛シャンプーや育毛剤に保湿成分を配合していることが多くなりましたが、やはり頭皮ケアには、頭皮の保湿と血行促進が重要みたいですね!


おすすめ育毛シャンプー

ウーマシャンプー

selected entries

categories

リンク

archives

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links